FC2ブログ

お気の向くまま

気ままに更新中

恋する暴君10巻に萌え叫ぶ

|・ω・*)チラ

ご無沙汰です、1年半振りに管理画面開いたりももです。
誰も訪れなくなった過疎ブログですが(自業自得)、先日発売された暴君10巻を昨日、やっと読むことができたのですが、
そのあまりの素晴らしさに、今の思いを吐き出したくて戻ってまいりました。

ネタバレ満載の感想を書きなぐっていきますので、未読の方はご注意ください。


今回の10巻、はっきり言って、暴君コミック最高峰ではないでしょうか?
9巻では、T森には申し訳ないけど、正直言って「森永・・・いい加減にしろ(殺)」と思ってしまうくらい
森永くんのグルグルが独りよがりで、かなりこの先が心配になる展開でした。
お前が選んだ後継者だろ・・・お前が就職するって決めたんだろ・・・何やってんだよオラオラ!
まぁそんな感じ(笑)

8巻であんなに兄さんの気持ちを受け取っておきながら、何なんだ君は!?って思いが強くて
正直ちょっと暴君という作品そのものへのテンションが低下してました(ごめんなさいごめんなさい)

もともと置き場に困ってたのもあって、本誌を買うのもやめて、コミックでまとめて読むことにしたんですけど
ある意味「大正解」でしたね・・・・
なんだ!???この、萌え弾丸の乱れ打ちは・・・・・・・・・・!????( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
以前のテンションを確認しようと思って久しぶりに9巻見ちゃいましたよ・・・アレ?マサキングガイル??ゼンゼンオボエテナイ…


で、マイナスのテンションからの10巻。

まず、表紙。
苦虫を噛み潰したような兄さんの横顔・・・・・・・・・
先生の大好きなヘソ&鎖骨を覗かせてくれてて、マジ最高。
そんな兄さんを独り占めしてドヤ顔の森永氏・・・ぶん殴りたい。
え?
なんか言いましたかね?
気のせいじゃないですかね??

見開きカラーの和装暴君、お正月のワンシーンでしょうか。本当に和服が似合う二人です^^

さていよいよ本文。
STEP1の冒頭のモノローグ・・・・「ゆるぎない大地に立っているような人」=兄さん、「波打ち際みたいにこころもとない自分」・・・
ここ、切ない・・・(TдT)自身の不安定さを自覚しながら、どうにか克服したい森永くん・・・

か~ら~の~キラッキラ笑顔の扉絵森永!!!カワ(・∀・)イイ!!
ヒロトくんとの絡みから始まる展開はお約束でイイですね!あなたおかげでこの後二人は・・・(〃∇〃)ヒロトくんGJ!!
しかし、森永氏の兄さん絡みの妄想って・・・マジ進歩ないっすね。なぜ彼の妄想内の兄さんって、こんなにチョロいんでしょうね。ヤンデルゼ!!!(・∀・)
そして福岡旅行に誘われた兄さんですけど、やっぱり案の定その気ゼロ。
・・・のはずが・・・
まんまと食べ物につられちゃってる!???ひょえ~~~!!なんて可愛いんだっ!
九州人の端くれとして申し上げますと、ここで森永氏が上げている博多名物は、本当にオススメです(^q^)
美味しいラーメン屋は最近はどんどん暖簾分けから全国に広がってて、東京でもかなり美味しいとんこつラーメンが食べられるようになりましたよね。
そして太宰府天満宮。
私、毎年のように行ってます。
過去記事にしていますが、梅の季節の太宰府天満宮。まだ肌寒い空気の中、咲き乱れる梅の花の中で執り行われる曲水の宴という宮中行事を見に行くのが大好きなのです。
それは置いといて、「お部屋はデラックスダブルでいいですか!?」ってわざわざ聞いちゃう森永氏・・・
聞くでない。
聞かずに黙って予約すればよろしいやん(ノД`)変なとこ直球な子ぉやなぁ~~~残念!

そして普通に仏頂面の兄さん。通常運転通常運転(笑)
お昼ごはんの相談したり、機内で写真撮ったり、楽しそうな森永氏♪イイですね♪
そしてホテルに到着すると・・・まさかの同室wwwwベッドは別々だし・・・って、ナゾ理屈すぎるだろう!!!wwwww
それを受けての兄さんのこのセリフ!
「ここが10階だということを思い出させてやるからな・・・」
爆笑wwwwwwwwwwwwwwこれぞ兄さん!この暴君節が聞きたかったの(*゚∀゚)♡

で、先生相変わらずお料理の絵が上手で、水炊きとっても美味しそう♪
食事をしながら、兄さんに二次会に顔出してほしいとお願いする森永くん。
スーツは俺が持ってきました・・・って言う時の表情が、一番目の胸キュンポイント!怒られるかなって思ってるワンコの顔。これが可愛くて、健気で(*´ω`*)
で結局付き合う兄さん、優しい・・。スーツ姿似合ってる(*゚∀゚)♡♡♡

結婚するのって、あのバーのマスターだったのね!
未成年の森永くんにアルコール出さずに話を聞いてあげてた、あの頃の森永くんの少ない心の拠り所だったあのバーのマスターですよ;;;;ほんと、幸せになってほしい(ノД`)
マスターが、あの頃の森永くんのことを兄さんに話して聞かせる展開もいいなぁと思ったけど、ここでは兄さんが一足先にホテルに戻ります。
シャワーの後なんでしょうね、髪を垂らした浴衣着の兄さん♪
ここまで来て実家に帰らないのかって、ごく自然な疑問を口にする兄さんに対して、頑なに言い返すのは、それだけ傷が深いってことなのね;;;;松田さんちの洗面所で涙していた森永くんを思い出します;;
それで一見怒ってしまったように見える兄さんだけど、本当は違ってたんですね・・・・・・・・あとで分かるんだけど・・・。
森永くんは辛かった過去を思い出して、苦しい涙;;;;オレモナイタヨ;;;;

で、翌朝。
ここからの展開が、もう、好き好き好き好き好き好きぃぃぃ~~~~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
兄さんは森永くんの態度に怒ってたんじゃなかった。
そんな表面的な問題ではなくて、ずっとずっと考えてたんだ。「なにが森永にとって一番いいことなのか」
正解はないことは解ってるんですね。だから押し付けはしない。だけど、後悔してほしくない。
そんな兄さんの、兄さんらしい想いが少ない言葉の端々から感じられて、森永くんはそれを素直に受け止めてますよね。

ぐう尊い・・・・・・・・・・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。


そして太宰府観光です。
行ったことある場所ばかり(*´ω`*)
美味しい梅ヶ枝餅とお抹茶のセットが楽しめる、風情あるおすすめのお店があるので、知りたい方はTwitterから聞いてください(無茶ぶり)

この場所は、森永くんにとって、多感な10代の頃に孤独を噛み締めた場所から、「先輩と来たことある思い出の場所」として上書きされました。
嬉しい。
良かった。
思い出の場所、いっぱい増やすといいよ(*´ω`*)

ここからはもうな・・・
ワシ、もうなんも言うことない位の萌えのじゅうたん爆撃でござるよ・・・・・・

疲れたので、ここで一旦切ります。
続きはまたアップすやらしないやら。(だってもうここからは萌え叫ぶばかりだろ???)

ーーーーーーーーーーーーーーー

仲良しさんのブログが次々と閉店していく今日このごろ。
このブログもどうしようかなぁと思いつつ、当分はこのままです。

理由の一番はめんどくさいってことと(すいません、極度のめんどくさがりです)
もう一つは、新しく暴君を好きになって、かつての私と同じように、思いを共有できる場を探している方がたまたまたどり着いた時に暇つぶしくらいできたらいいかな、という気持ちからです。
もしも仲間が欲しくて、でも一歩踏み出すことに躊躇してる人がいるならば、
こんなテキトーに運営してるオバちゃんがいるんだから、気楽にブログでもTwitterでもして、交流するといいよ!
たくさんの出会いがあって、世界が広がって、とっても楽しいよ!って言いたいです。

広島のカフェにも行きたいなぁぁぁ~~~
ここね!ここのニュース見てね!! → http://booklabyrinth.jp/
オープン日に行ったMさんのレポ見て、行きたすぎて血ヘドはきながら「翼を下さい」を歌いましたがなにか?
お近くの人はぜひ行ってくださいね~~~!!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する